MVNOは低価格で通信サービスを提供する事業者です

by author



スマートフォンの月額料金が気になる方って、多いのではないでしょうか。

キャリアと契約したスマートフォンの場合、普段あまり使わないのに無駄に月額料金を支払う事もしばしばです。



あるデータによると、キャリア端末の平均月額料金は8000円弱です。



MVNOならこの月額料金を5000円程カット出来ます。

MVNOは、低価格で音声通信、データ通信を提供する事業者です。
最近では格安SIM会社とも呼ばれている少し変わった形の携帯電話会社です。
有名な携帯電話会社では、これらインフラを自前で用意してユーザーにサービスを提供しています。


MVNOが一般の携帯電話会社と違う所は、通信インフラを他社から借りて事業を行っている事です。
通信インフラとは、通話回線やデータ回線などです。
MVNOのメリットはここにあります。設備やそれに伴う保守運用を行う必要がない、もしくは普通の携帯電話会社より保守運用費を抑えられる点です。

コストカットされている分は、月額料金その他サービスとしてユーザーに還元されています。



つまり、MVNOとスマートフォンの契約をすると月額料金が安くなる訳です。

デメリットもあります。

キャリア端末ほどサポートが受けられない点です。ユーザーは申し込み後に届いたスマートフォンとSIMカードを使い、設定は自分で行う必要があります。

普通の携帯電話会社なら店舗で設定してもらう事も可能です。故障時についてもユーザーはある程度自分で対処する事が求められます。


ではデメリットを考慮してサービスを使わない方が良いのかと言われるとそれもまた違います。


やはり月額料金の差が大きいです。
毎月5000円程度月額料金が浮くとして、1年間で差額は60000円です。60000円あれば、仮にスマートフォンが故障したとしても中古端末購入する事が出来るはずです。

格安SIM会社との契約を検討中の方は、この辺りもよく考えて判断されると良いでしょう。