MVNOなら携帯ブラックリストの人でも契約可能です

by author



MVNOをご存じない方もおられるでしょう。


行っている事業は普通の携帯電話会社と似ています。


基地局のような設備を借りて音声通信、ネット通信をユーザーに提供している携帯電話会社です。

特徴は、有名な携帯電話会社より月額料金が安い事、プランがたくさん用意されている事などです。

有名なキャリアで携帯ブラックリストの人でも、MVNOのスマートフォンを持つ事が出来ます。
セット販売なら分割購入を避け、一括で購入しましょう。

セット販売とはスマートフォンとSIMが一緒になった商品です。
分割払いとは、スマートフォンの料金を月賦で支払う事になり、これはローンと同じです。
どのような形で携帯ブラックリストになったかはわかりませんが、ローンを組むとなるとブラックリストの人は契約において、不利なのは間違いありません。
したがってセットで買うなら一括がおすすめです。

一社のみ携帯ブラックリストなら、この一社を外します。MVNOが使っている回線は、大手携帯電話会社です。使っている回線を調べ、ブラックリストになっている会社以外のMVNOを選定して契約する方法です。



親会社という言い方は語弊があるかもしれませんが、親の回線を使っている子会社は避けるという意味です。

やや小規模の格安SIM会社と契約する方法もあります。



小規模な格安SIM会社は、信用情報機関で申込者のデータをチェックしない可能性があります。
信用情報機関とは、個人のクレカやローン情報が登録管理されている場所です。



大手はここをチェックしているため審査が厳しいですが、チェックが甘い小規模な格安SIM会社なら、契約出来る可能性が高いです。


データ通信のみなら契約しやすいです。音声通話は別にプラスプリペイド式端末を持つ事で対応すれば問題ありません。

という事で、携帯ブラックリストでもスマートフォンが必要な人は、一度MVNOを検討されてみては如何でしょうか。